芝刈り夢想 ~ボギーペースと道具を愛でる~

練習 FWの迷い 20MAY2018

朝、練習に行ってみました。
天気も良くて混雑していたので、珍しく2階打席へ。
落下地点が良く見えるのでFWの打ち比べもやってみました。

すると、915F 3W (PT-6) とLegacy Black 3013 5W (GT-6) のキャリーがあまり変わらないんですよね。
地面マットから直接打つと、Legacy Black 2013の方が小顔のせいか打ち抜きやすく、
ミスヒット率がまったく違いました。地面からは915Fは打ちにくく感じました。
これでは、915Fはティーアップもしくはラフなどで球が浮いているとき専用になりそうです。

915Fはもう少し使ってみますが、
3W or 4Wについてはまた物色しそうな予感がしました。




スポンサーサイト
  1. 2018/05/20(日) 15:25:26|
  2. 練習
  3. | コメント:0

パットのアドレス

最近パットが安定していません。

パット時に両腕でホームベース型の五角形を作る方も多いと思いますが、
私は両腕を垂らした状態で肘をそれ程曲げないタイプです。
元々、パターヘッドのトュ側が浮いているようなアドレスなのですが、
最近はより浮いているような、それで引っ掛けたり、それを嫌って右に抜けたりしてるのかなと思います。
徐々に前傾姿勢が深くなっているのかな・・・

そこで再度アドレスを見直す事にしました。
1 スタンス     ややオープンだったのをスクウェアに
2 前傾姿勢     腰を伸ばして曲がりを浅めに
3 グリップ位置   腕を垂らして、そしてややハンドファースト(これは今まで通り)
4 視線       わずかにボールを斜め後方から見るような感じ

方向性は少し良くなったように感じますが、まだ慣れていないか距離感がまだまだです。

このアドレスに落ち着くのか、はたまた変わっていくのか、自分でも分かりません。
大きくアドレスが変わって、それに合うパターも変わらなければ良いのですが





  1. 2018/05/13(日) 10:13:21|
  2. 練習
  3. | コメント:0

練習 09MAY2018

購入した915Fの試し打ちのために練習に行ってみました。

915Fですが、
構えた感じは、投影面積も大きく感じて安心感があり、また形も良くて構え易いです。
打ってみると打感は好みが分かれると思います。
915Hを打ったときと同じ感じなので、915シリーズに共通しているのだと思います。
乾いた打音、スコーンというような軽い打感です。
915Hで慣れているので、915Fの打感も今は受け入れられます。

飛距離の方はすごく飛ぶというような感じはしませんが、
綺麗にあたると打った感触以上に距離が出ているかもしれません。
Legacy Black 2013 5W(18度)と比較すると飛距離は同じような感じを受けます。
これはLegacy Blackの高音の打音と強い弾き感のせいでそのように感じるのかもしれません。
ただ、Legacy Blackと同じくらいは弾道が高くなるので球は上がり易いと思います。

スライス気味だったので、カチャカチャをいじってアップライトのドロー設定にしました。
こういう時はカチャカチャも便利です。
シャフト(Tour AD PT)も癖がなくて扱い易いです。
しっかりと振れたときはいい球が出てくれますが、そうでなければそれなりの球です。
シャフトが仕事をしてくれるタイプではないようです。
振りながら短く握ってみたりもしてみて、
シャフトカットはとりあえず0.25インチにしてクラブ長を42.75インチにしようかと思いました。


また、久しぶりにアイアンをDG105にしてみたのですが、
やっぱりNS PRO V90と比べると飛距離が落ちるように感じます。
弾道が高くなる分、飛距離に影響が出ているのかもしれません。
それに方向性のバラツキもNS PRO V90より大きい気がします。
これもシャフトが柔らかくなったせいかもしれません。
当面はNS PRO V90を使いながら、時に気分転換でラウンドで使ってみて改めて評価したいと思います。





  1. 2018/05/10(木) 00:38:52|
  2. 練習
  3. | コメント:0

右手ストロンググリップ

前回のラウンド、終盤を除いて1Wのティーショットが稀にみる好調さでした。

その理由として、
「1Wの好調は、Mummy-Kさんの”スイングしなけりゃ意味がない”を参考に
右手ストロンググリップを試してみたことも一因かもしれません。
それ以外にも、体は動いても頭を残すイメージを持ちながらのスイングもプラスになったと思います。
欲を出さずに、このスイングを維持できれば気持ちのいいゴルフになるかもしれません。」

と自分なりの分析をしました。

この右手ストロンググリップですが、私には合っていたようです。
まずこれまで通りのルーティンでアドレスを取り、最後に右手を握り返します。
すると両肘がしまった感じになり、スイング時に脇もしまるように思います。
アイアンでは出来ていたアドレス時の剣道で言う蹲踞の腕が、
気をつけているつもりでも1Wの時には苦手意識からかいろいろと注意点が頭を駆け巡るうちに忘れているような・・・
右手ストロンググリップはそれを修正してくれるようです。

暫くはこれで1Wでのいいイメージ、いいリズムをつかめるように頑張ります。






  1. 2018/04/22(日) 11:59:21|
  2. 練習
  3. | コメント:6

練習場での雑感

昨晩、MP-54 / DG105を持って練習に行ってきました。
ただ最初からシャンクの嵐で感触を試すような状況でもありませんでした。
それでも最後は脱力して当たるようにはなりましたが、
・・・あれれ、普段より飛んでない 状態となりました。
この日の調子が悪いのか、シャフトの影響なのかはわからないので
この課題は次回以降に持ち越しました。



練習は遅い時間だったので空いてる打席はかなりありましたが、
私が入って直ぐ後に、前の打席に30代後半のちょっとやんちゃ風の男性が入りました。
さらにその向こうにもその人の後輩と思われる20代後半の男性が入りました。
後輩の男性はレフティだったので、この2人はこの場所を選択したのだと思います。

先輩の方はアイアンで200yをバシッと飛ばすような腕前でした。
2人とも体格が良く、後輩の方も良く飛ばしていてミスはあるもののいい球を打ってました。
ショートゲームはわかりませんがたぶん90台では回れるくらいではないかと思います。

で問題は、この先輩の指導です。
この人自身は大した腕前とは思いますが、後輩に向かって非常に威圧的態度で
怒りながら、貶しながら指導をしているわけです。
もう少し伸び伸びとやらせてあげないと後輩がゴルフを楽しいと思わなくなるし、
立て続けにいろいろ言っても出来るわけないのが分からないのか
考えながら試行錯誤させる時間も与えないとと横で思ってました。

ただ何よりも横で打っている私自身が聞いていて不快でした。
私にプロ並みの腕があればギャフンと言わせてやりたいと思うくらいに本当に不快でした。

練習場での話も良いですが、
声の大きさや話す時間の長さによっては周りに配慮するマナーが欲しいですね。








  1. 2018/04/04(水) 11:42:41|
  2. 練習
  3. | コメント:2
次のページ

プロフィール

芝刈り夢想

Author:芝刈り夢想

腰痛持ちの中年ゴルファー。
ラウンドや試打も思うように出来ず、日々芝刈りを夢想しています。
(最近は調子に乗ってラウンドしてます。いつか腰が砕けるかも・・・)

170cm, 64kg, HS 41~42m/s
Best Score 78
GDO HDCP 18 (Best 15)






ゴルフランキング

 ポチッとよろしく

来場者数

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
クラブセット (13)
ドライバー (41)
フェアウェイウッド (29)
ユーティリティ (6)
アイアン (17)
ウェッジ (13)
パター (43)
シャフト (40)
クラブについて (21)
ラウンド (124)
  2018 (28)
  2017 (52)
  2016 (41)
  2015 (3)
練習 (35)
ゴルフグッズ (47)
その他 (49)
閑話 (65)

最新コメント

月別アーカイブ

マイ・セッティング


Main-Club Setting

P1090604.jpg
Driver: Tour B JGR
FW: X2 HOT PRO
Legacy Black 2013
UT: Titleist 915H
Iron: MIZUNO MP-54
Wedge: Titleist Vokey SM5
Putter: PROTYPE ix #5CS



リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QR コード

QR

ポチッとよろしく!





人気ブログランキング