芝刈り夢想 ~ボギーペースと道具を愛でる~

右手ストロンググリップ

前回のラウンド、終盤を除いて1Wのティーショットが稀にみる好調さでした。

その理由として、
「1Wの好調は、Mummy-Kさんの”スイングしなけりゃ意味がない”を参考に
右手ストロンググリップを試してみたことも一因かもしれません。
それ以外にも、体は動いても頭を残すイメージを持ちながらのスイングもプラスになったと思います。
欲を出さずに、このスイングを維持できれば気持ちのいいゴルフになるかもしれません。」

と自分なりの分析をしました。

この右手ストロンググリップですが、私には合っていたようです。
まずこれまで通りのルーティンでアドレスを取り、最後に右手を握り返します。
すると両肘がしまった感じになり、スイング時に脇もしまるように思います。
アイアンでは出来ていたアドレス時の剣道で言う蹲踞の腕が、
気をつけているつもりでも1Wの時には苦手意識からかいろいろと注意点が頭を駆け巡るうちに忘れているような・・・
右手ストロンググリップはそれを修正してくれるようです。

暫くはこれで1Wでのいいイメージ、いいリズムをつかめるように頑張ります。






スポンサーサイト
  1. 2018/04/22(日) 11:59:21|
  2. 練習
  3. | コメント:6

練習場での雑感

昨晩、MP-54 / DG105を持って練習に行ってきました。
ただ最初からシャンクの嵐で感触を試すような状況でもありませんでした。
それでも最後は脱力して当たるようにはなりましたが、
・・・あれれ、普段より飛んでない 状態となりました。
この日の調子が悪いのか、シャフトの影響なのかはわからないので
この課題は次回以降に持ち越しました。



練習は遅い時間だったので空いてる打席はかなりありましたが、
私が入って直ぐ後に、前の打席に30代後半のちょっとやんちゃ風の男性が入りました。
さらにその向こうにもその人の後輩と思われる20代後半の男性が入りました。
後輩の男性はレフティだったので、この2人はこの場所を選択したのだと思います。

先輩の方はアイアンで200yをバシッと飛ばすような腕前でした。
2人とも体格が良く、後輩の方も良く飛ばしていてミスはあるもののいい球を打ってました。
ショートゲームはわかりませんがたぶん90台では回れるくらいではないかと思います。

で問題は、この先輩の指導です。
この人自身は大した腕前とは思いますが、後輩に向かって非常に威圧的態度で
怒りながら、貶しながら指導をしているわけです。
もう少し伸び伸びとやらせてあげないと後輩がゴルフを楽しいと思わなくなるし、
立て続けにいろいろ言っても出来るわけないのが分からないのか
考えながら試行錯誤させる時間も与えないとと横で思ってました。

ただ何よりも横で打っている私自身が聞いていて不快でした。
私にプロ並みの腕があればギャフンと言わせてやりたいと思うくらいに本当に不快でした。

練習場での話も良いですが、
声の大きさや話す時間の長さによっては周りに配慮するマナーが欲しいですね。








  1. 2018/04/04(水) 11:42:41|
  2. 練習
  3. | コメント:2

ダウンスイングでの手元の浮き

私の場合、ティーショットを改善する上で、たぶん1番必要なことはダウンスイング時の手元の浮きと思っています。
飛距離に関しては、テイクバック時の腰の回転不足と思います。

この手元の浮きに関して、ネットを見ていて参考になったのが、
昔のパーゴルフの記事です。
<以下の写真は、上記のパーゴルフよりの引用です。>


手元1


腰の回転を意識するあまり、インサイドに低くテークバックする時もあるように思います。


手元2


結果的には確かに手元が浮いてしまうのですが、クラブが寝た結果という言うよりは、
私に当てはまりそうな指摘も出ていました。


手元6


私の場合、これです。
飛球線方向にという意識が強すぎて、グリップエンドが確かにボールに向けるようなイメージになってました。


手元3

手元4

手元5


左わきを締めて、左手首の角度をキープすることを心掛けたいと思います。
そして、やはり自分の太ももに落とすくらいの意識を持たないと修正できないのだと思いました。







  1. 2018/03/02(金) 15:12:34|
  2. 練習
  3. | コメント:0

久しぶりの練習

相変わらず1Wが安定しないため練習をしてきました。

最初は、スライスしたり、引っ張りすぎたりで全く安定していませんでした。
きっちりと当たってないし、飛ばないし、方向もバラツクし、ラウンドした時と同じ状態です。

それで、いろいろと考えながらやった結果は、以前ブログにアップした記事と同じような・・・


スイング図


今回の修正点ですが、
 ・背骨を軸とした肩・腰の捻転を少し強く
 ・ダウンスイング時の手元の浮きを押さえる
 ・ボール手前から飛球線方向へのフェースローテーション


テイクバックで捻転をしっかりと入れることで、軌道が手元①→③、ヘッド②→④と自然に動き易くなります。
ダウンスイングで手元を体近くに落としてくるイメージにすると、ヘッドが返り易くなります。
さらにヘッドを最下点から上げずに放り出すイメージで振り抜きが良くなり方向性が上がるようです。

私の場合は、とにかく捻転・手元が浮かない・フェースローテーションで放り出す
この3点を常に意識すると良いかもしれないと思いつつ帰ってきました。

意識しなくても出来るようになるまで本来は練習しないといけないのでしょうが、
とりあえずは忘れないようにしないと・・・





  1. 2018/02/27(火) 22:30:43|
  2. 練習
  3. | コメント:0

一つ直せば、一つ忘れる

昨日、雨でしたがラウンドをしてきました。(次回、ラウンド報告します。)
ラウンド前に途中の練習場に寄って、70球打ってから行きました。

その際に、1Wで前傾姿勢ちょっと極端なぐらいに意識してやってみました。
すると芯を食ったような良い当たりが戻ってきました。
いつも前傾姿勢を意識しながらも、ダウンスイングでどうしても身体が起きてしまうようです。

いい感触をつかんだところで、左肩~上腕を顎の下にいれることを加えてみると
良い球筋の中弾道のストレート~フェードボールが連発でした。
こんなに1Wを気持ち良く振ったのは何年ぶりだろうという感じでした。

そして、気持ち良くラウンドに臨んだのですが
本番ではやはり意識しても身体が起きてしまうのか、そう簡単にはいきませんでした。
それに前回のラウンドもそうですが、引っ掛けを多発します。

この1年間悩んできたどスライス、プッシュスライスがやっと克服できそうになったら、
今度は引っ掛けという感じです。






  1. 2017/10/29(日) 09:28:03|
  2. 練習
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

芝刈り夢想

Author:芝刈り夢想

腰痛持ちの中年ゴルファー。
ラウンドや試打も思うように出来ず、日々芝刈りを夢想しています。

170cm, 64kg, HS 41~42m/s
Best Score 78
GDO HDCP 18 (Best 15)






ゴルフランキング

 ポチッとよろしく

来場者数

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
クラブセット (13)
ドライバー (38)
フェアウェイウッド (24)
ユーティリティ (6)
アイアン (17)
ウェッジ (12)
パター (43)
シャフト (38)
クラブについて (21)
ラウンド (116)
  2018 (20)
  2017 (52)
  2016 (41)
  2015 (3)
練習 (32)
ゴルフグッズ (44)
その他 (48)
閑話 (64)

最新コメント

月別アーカイブ

マイ・セッティング


Main-Club Setting

P1090604.jpg
Driver: Tour B JGR
FW: X2 HOT PRO
Legacy Black 2013
UT: Titleist 915H
Iron: MIZUNO MP-54
Wedge: Titleist Vokey SM5
Putter: PROTYPE ix #5CS



リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QR コード

QR

ポチッとよろしく!





人気ブログランキング