芝刈り夢想 ~ボギーペースと道具を愛でる~

キャロウェイ X2 HOT PRO / X2 HOT (S)

6月にラウンドする際には、4WにBig Bertha Alpha 816を入れていました。

ティーショットで使用する時にはそれ程ではないのですが、
地面から打つときにはヘッドを大きく感じて打ちにくく感じます。
構えた時の見え方からナイスショットのイメージが湧かないんですよね。
その結果、地面から打つときには自然と5WのLegacy Black 2013を手に取っています。

それで前回のラウンドからは、4WはX2 HOT PRO / Tour AD MT-6に戻しました。
これは小ぶりなヘッドで構えた感じはLegacy Black 2013と違和感がなく、地面からも使えます。
それに打感は柔らかめで良く、フェースもややディープな感じなので
Legacy Black 2013よりもティーショットで使い易いぐらいです。
ただシャフトの影響なのか、やや右に出る事が多いくらいですが
逆にそれを利用して左に行かせたくない時に積極的に使っています。

冬場にはもう少し柔らかいシャフトでもと考えることがあったのですが、
ネットを見ていて衝動買いをしてしまいました。

P1080779.jpg
P1080782.jpg

オリジナルシャフトのX2 HOT PRO 17度の新品が比較的リーズナブルな価格だったので
ポチッちゃいました。

シャフトが合わなければ、NS PRO Regio FW Type60にリシャフトすれば良い位の感覚です。
また冬になってLegacy Black 2013 / NS PRO Regio FW Type60を使う頃に
あらためて考えたいと思います。






スポンサーサイト
  1. 2017/07/06(木) 21:39:37|
  2. フェアウェイウッド
  3. | コメント:0

Callaway Steelhead XR FW

キャロウェイから新しいフェアウェイウッドが出るようですね。
6月28日発表、7月発売らしいです。

Steelhead XR FW
<GDOのHPより引用>

私自身、フェアウェイウッドはキャロウェイを使用していますし、
最近のキャロウェイのフェアウェイウッドは良く出来ていると思います。

そのキャロウェイからの新製品ですし、
キャロウェイの名器”スティールヘッド”の名前を継承してますので注目ですね。

私の個人的な興味は、構えたときの顔付きとクラウンの色、
そしてクラブ重量でしょうか。
ここら辺が私のレンジに入れば、またまた病気が出るかも・・・





  1. 2017/06/20(火) 19:17:19|
  2. フェアウェイウッド
  3. | コメント:0

Callaway Big Bertha Alpha 816 FW 16°/ Tour AD MT-6

オークションで購入したTour AD MT-6 (S)のシャフトカットを行っていましたが、
グリップも装着して仕上げました。

P1080384.jpg
P1080385.jpg

<スペック>
Tour AD MT-6 (S-flex)
ロフト:16度、長さ:42.75インチ、重量:328.5グラム、バランス:D2.0


Big Bertha Alpha 816 FWは、私の好きな丸顔で精悍なブラックヘッドです。
非常に構えやすい顔つきをしています。
小顔のLegacy Black 2013 FWに慣れてきた私にとっては、ヘッドの投影面積がやや大きく感じますが、
市販されているFWの中では決して大きなヘッドではありません。
フェース高も適度にあるためティーショットでも使えます。
また球も上がり難いことはなく、16度というロフトのために地面からでも使えます。

打感も弾き系とは思いますが、硬い感じではなく、
一瞬柔らかさを感じた後に弾くような感覚でバランスの良いものです。
飛距離性能もCallawayのFWらしく十分です。

Tour AD MT-6を装着して打ったところ、
ストレートからドロー系の球筋になりました。
オリジナルシャフトのBig Bertha 005よりは、やはりTour AD MT-6の方が
タイミングを取りやすく感じます。

IMG_0926.jpg
<左:Big Bertha Alpha 816、右:X-HOT PRO>

Big Bertha Alpha 816の方がクラブ長が0.25インチだけ長いのですが、グリップエンドを揃えて比較した写真です。
今回Big Bertha Alpha 816に装着したTour AD MT-6は、
もともと1W用のバットエンドをシャフトカットしたものです。
X-HOT PRO(17°)の方はメーカーカスタムです。

Tour ADの横縞のデザインの位置が違うのは、チップカット分の違いが出ているのだと思います。
Big Bertha Alpha 816の方は、先端チップカットがされていない分、
横縞部分の高さが高くなっているのだと思います。
その分だけ先端の動きがあるせいか、ドロー系の球筋になりやすいのかなと思います。
あとは実戦でどういう球筋になるのかが気になるところです。

スペックもほぼ期待通りのものになりましたので、きっと良い武器になってくれると思います。









  1. 2017/04/24(月) 01:22:58|
  2. フェアウェイウッド
  3. | コメント:0

Legacy Black 2013 5W / Regio FW

前回のラウンドで、Legacy Black 2013 5W / Regio FW (TYPE60 S-flex)を多用してみました。

P1060789.jpg

私の場合は、メーカーの言う高弾道ではありませんがドロー気味の中弾道で飛んでいきます。
Legacy Black 2013の弾き感と相余って、なんとも良い心地です。
力むとダフリトップで最悪ですが、軽く打ってしっかりと捉えたときには良い球がでます。

あとは私の腕次第。
前回のラウンドでは、6回使用しました。

<GOOD>
①11番ロング FWからの3打目:ミス取り返す距離を稼げました。
③1番ロング FWからの2打目:DRのミスを取り返し、かつ狭いFWをキープ
⑤4番ロング 左ラフからの4打目:軽い打ち上げでしたがこれまでで最高の当たり

<BAD>
②18番ロング 右ラフからの2打目:右にプッシュして林の中(これが調子を落とすトリガーに)
④4番ロング 右ラフからの2打目:右にプッシュして林の中
⑥8番ミドル FWからの2打目:チョロっってバンカー

こうしてみると後悔した大叩きホール(18番と8番)に絡んでます。
原因は、右プッシュはドライバーと同じです。
ダウンスイングのときにスパットへの意識が飛んでしまうことですね。
これも欲が先立つ事から来てますね。平常心が大事です。
次に、チョロは当然ながら飛ばそうと言う気持ちからの身体の開き・起き上がりです。

欲を出さず、平常心でスパットに対して軽く振りぬく
これを実践できれば心強い武器になるのですが・・・
そういえば、どのクラブに対しても言えることですね。







  1. 2017/03/11(土) 09:30:11|
  2. フェアウェイウッド
  3. | コメント:0

フェアウェイウッドの打ち比べ (2)

昨晩はこの時期にしては暖かかったので、仕事から帰って夜中に練習に行ってきました。
そして再度、フェアウェイウッドを打ち比べてみました。
今回は、長さとロフトをほぼ揃えてやってみました。

使用したのは、
1 Big Bertha Alpha 815 (18度・42.5インチ)
2 Big Bertha Alpha 816 (18度・42.5インチ)
3 Legacy Black 2013 (18度・42.5インチ)
4 X2 HOT PRO (17度・42.5インチ)


前回の感触で記事に記載したのは、
構えやすさ  X2 HOT PRO = Big Bertha Alpha 815 ≧ Legacy Black 2013 > Big Bertha Alpha 816
打    感  X2 HOT PRO > Big Bertha Alpha 816 > Legacy Black 2013 ≧ Big Bertha Alpha 815
易 し さ   Big Bertha Alpha 816 ≧ Legacy Black 2013 > X2 HOT PRO ≧ Big Bertha Alpha 815

今回はBig Bertha Alpha 815について少し印象が変わりました。
打感は、弾き感が強く、やや硬めに感じていましたが、
芯をくった時には、X2 HOT PROに近いくらい柔らかな感じがあります。
ただし、そのエリアが小さいようで私の腕ではなかなか難しいです。

構えやすさ  X2 HOT PRO = Big Bertha Alpha 815 ≧ Legacy Black 2013 > Big Bertha Alpha 816
打    感  X2 HOT PRO > Big Bertha Alpha 815 ≧ Big Bertha Alpha 816 > Legacy Black 2013
易 し さ   Big Bertha Alpha 816 ≧ Legacy Black 2013 > X2 HOT PRO Big Bertha Alpha 815

赤字が前回からの変更点です。
Big Bertha Alpha 815は芯をくえば、打感もいいのですが残念ながら私には難しく感じます。

また今回は、ロフト・長さがほぼ同じなので飛距離性能についても。
目が悪いために着弾点がはっきりとしないので感覚だけで話をします。
シャフトもそれぞれ違いますので、ヘッド単体の性能だけではないということをご了承ください。

4本を打ち比べながら、Legacy Black 2013がとにかく振りやすくてミート率が高く感じました。
弾道も最も高く、結果として一番飛んでいた印象です。
シャフトがRegio FWなので、その違いもあるのかもしれません。
次は、相変わらず右に出やすいのですがX2 HOT PROですね。
Big Bertha Alpha 815、Big Bertha Alpha 816はほぼ同じと言って良いと思いますが、
平均飛距離ということで考えるならば、易しい分だけBig Bertha Alpha 816に軍配が上がります。

飛 距 離  Legacy Black 2013 > X2 HOT PRO > Big Bertha Alpha 816 ≧ Big Bertha Alpha 815

やはり気持ち良く打てないと所有する満足感が薄いですので、
Big Bertha Alpha 816ではなく、Big Bertha Alpha 815を売却する方が良さそうに思いました。





  1. 2017/02/18(土) 09:37:25|
  2. フェアウェイウッド
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

芝刈り夢想

Author:芝刈り夢想

腰痛持ちの中年ゴルファー。
ラウンドや試打も思うように出来ず、日々芝刈りを夢想しています。

170cm, 64kg, HS 41~42m/s
Best Score 78
GDO HDCP 18 (Best 15)






ゴルフランキング

 ポチッとよろしく

来場者数

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
クラブセット (12)
ドライバー (33)
フェアウェイウッド (20)
ユーティリティ (6)
アイアン (13)
ウェッジ (12)
パター (24)
シャフト (33)
クラブについて (20)
ラウンド (79)
  2017 (35)
  2016 (41)
  2015 (3)
練習 (25)
ゴルフグッズ (37)
その他 (35)
閑話 (51)

最新コメント

月別アーカイブ

マイ・セッティング


Main-Club Setting

P1080806.jpg
Driver: Great Big Bertha
FW: X2 HOT PRO
Legacy Black 2013
UT: Titleist 915H
Iron: MIZUNO MP-54
Wedge: Titleist Vokey SM5
Putter: White ICE ix 5CS

Sub-Club Setting

P1070313.jpg

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QR コード

QR

ポチッとよろしく!





人気ブログランキング