芝刈り夢想 ~ボギーペースと道具を愛でる~

NS PRO GT Series (FW)

FWのX-HOT #3, #5に挿している、
日本シャフトNS PRO GT Series (FW)について。

P1050572-s.jpg
<写真はDR仕様>

以前は、シャフトのカラーリングデザインが、
上記写真のように黒紫地にゴールドの文字でした。
この黒紫地も、普通に見ると黒に見えるのですが、
光にかざすと紫に映るという味わいのあるものでした。
(写真では黒にしか見えなくてすみません。


今はデザインが変更になっていて、
黒地に赤と白の文字になっています。

P1050549-s.jpg


このNS PRO GT Seriesの良いところは、しなりが全体的で癖がないことと、
シャフトの重量ラインナップがそろっていてクラブ重量調整がしやすいことです。
そして、リーズナブルな価格ということでしょうか。
ドライバーと違って、FWのリシャフトにドライバー並みの費用は
厳しいというのが多くの方の本音ではないでしょうか。

これまでFWに、GT-500FW, GT-600FW, GT-700FWを試したことがありますが、
シャフト重量が変わってもそれほど特性に変化はないように思います。
もちろん重量が重くなれば、同じフレックスでも少し振動数は大きくなります。


GT500-600.jpg
<日本シャフトHPより抜粋>


欠点としては、バランスポイントが54%程でありヘッドバランスが出しにくく、
シャフトを短くしたい方には向かないということだと思います。

ちなみに私のX-HOTでも1.5P程の調整(ヘッド側を約3g重く)を要しています。
しかしながら、重心距離が短くなってヘッドの返りがよくなっているかもしれません。
もともとFWでは右に出やすい傾向にあったので、
ちょうどいいかぐらいの感じで調整してもらってます。


FWの重量が軽くて、クラブの重量フローが悪い方がリシャフトを考える時、
何を選んだらよいのか分からない時には、
このNS PRO GT Seriesは選択肢に入れても悪くないと思います。




スポンサーサイト
  1. 2015/09/29(火) 20:20:21|
  2. シャフト
  3. | コメント:2

キャロウェイ X-HOT FW

今回は、私のサブ・クラブセッティングの中のFW、
キャロウェイ 初代X-HOT #3, #5です。

P1050550-s.jpg


300yards Spoon」の言葉に惹かれて買ったのは言うまでもありません。
もちろん、「丸顔、フェイスも含めて黒ヘッド」の条件を満たしているからでもありますが。


P1050552-s.jpg


ただし、キャロウェイの丸顔は、Legacy顔とも言えますが少しだけ特徴があります。
とはいえ、丸顔の範疇で良いかと思いますし、
X-HOTはヘッドの投影面積も大きめですので安心感もあります。

ヘッド体積:180 cm3 (#3), 158 cm3 (#5)
とカタログ表記されていますので、大きい方だと思います。

小顔を心配しながら買った現在のエースFW、Legacy Blackは、
ヘッド体積:156 cm3 (#3), 132 cm3 (#5)
ですので、一回り小さいことになります。

当初シャフトは、純正シャフトX-HOT S:60Wのものを購入しました。
打感はやや硬めながらしっかりとしていながらも、嫌な打感ではなく、
浅重心設計による中強弾道の飛びを感じることができました。
ただ先調子(それ程タイミングを取るのが難しいタイプではない)であり、
他のクラブとの流れからFWだけが違うタイプというのを嫌ったのと、
クラブ重量が317 g(#3)ともう少し重い方がよいと思い、
いつものNS PRO GT Seriesにリシャフトしています。

ただ私の腕では、#3は地面から打つと球が上がりにくいです。
HS不足でしょうか。#5はいい感じの中弾道で上がってくれますが・・・

P1050549-s.jpg


<SPEC>

#3: NS PRO GT-500FW (S-flex)
ロフト:15度、長さ:43.0 inch、重量:324 g、バランス:D1.5、振動数:255 cpm

#5: NS PRO GT-600FW (S-flex)
ロフト:19度、長さ:42.25 inch、重量:333.5 g、バランス:D1.25、振動数:262 cpm

(#3と#5でシャフト重量を変えています。)



  1. 2015/09/26(土) 20:06:53|
  2. フェアウェイウッド
  3. | コメント:0

Tour AD W-60 vs. NS PRO GT-500

前項でr7 superquadの話題を上げましたが、さらにその前のエースドライバーは、
ダンロップ XXIO3にTour AD W-60(S-flex)を挿したドライバーでした。
(古いので時代を感じさせますが・・・

DVC00036.jpg

シャフトでクラブがこんなに変わるんだと実感したドライバーで、
使用していて飛距離・方向性は非常に良かったのですが、高反発ヘッドだったため買換えました。

その頃、テーラーメイドのRac LT Ironを使用してゴルフで100切りを達成し、
テーラーメイドフリークになっていたこともあり、テーラーメイド r7 superquadに買換えました。
シャフトは、Tour AD W-60(S-flex)にしようかなとも思ったのですが、
クラブセッティングの中でFWに日本シャフト GTシリーズを選択して気に入って使っていたことから、
ドライバーにもNS PRO GT-500 (S-flex)を挿してみました。
60g台から50g台のシャフト重量にしたのは、グリップを含めたクラブの全体重量を考えての選択でした。

シャフトの違いですが、
思い返すとTour AD W-60は全体的にしなり戻りが緩いというか落ち着いた感じがあって、
そのため妙な挙動が生まれにくい安定したシャフトのような感じでした。
当時、宮里藍が使用していました。メーカー表示のキックポイントは先調子とあるのですが、
マーク金井氏も手元にしなりを感じると記載していたと思います。

Tour AD W-60


それに対してNS PRO GT-500ですが、Tour AD W-60に比べて若干シャープなイメージで
先中の戻りが少し速い感じも(もしかして重量差が影響したかも・・)しましたが、
それ程癖があるものではなく全体的に扱いやすいものでした。
なによりもコストパーフォーマンスに優れるというのが有難かったです。
こちらもマーク金井氏によれば手元にしなりを感じやすく、遊びが少し大きめという評価でした。
結果として、
テーラーメイド r7 superquadとNS PRO GT-500 (S-flex)の組み合わせに満足していました。

NS GT-500


こうして全体的にしなりながらも手元によりしなりを感じるタイプに親近感を覚えていき、
今でもシャフトを選択するときの指標にしています。
こういったタイプはスイング挙動が安定していない、
初級~中級者にはあつかいやすいクラブだと思います。
その分、一発の飛距離ではかなわないとは思いますが、
平均飛距離を伸ばしたいと思われる方にはよいのではないでしょうか。

ちなみに、マーク金井氏の評価を私は良く取り上げていますが、
彼のシャフト評価を以前からかなり読んでました。
学研から「チャレンジ リシャフト」という本が出ていまして、
2005年~2011年まで毎年買っていましたが、
2012年より評価者が変わったため2013年以降は購入しておりません。
今でもGDOのHPの中にマーク金井氏の試打IPというコーナーがあるので、
時々参考にさせていただいています。



  1. 2015/09/24(木) 02:37:54|
  2. シャフト
  3. | コメント:4

テーラーメイド r7 superquad

クラブを握ってみて、見た目の好みというのは大事なファクターと思います。
女性を見るときと一緒で、いくら性能(性格)が良いからと言っても、
見た目の印象が良くないとなかなか興味が湧きにくいものです。

私が「丸顔・黒ヘッド」にこだわりを持つようになったきっかけのクラブというのが、
テーラーメイド r7スーパークワッドです。

P1050568-2.jpg

このドライバー、私のかつてのエースドライバーです。
前にも書いたのですが、私はセカンドバックに残れなかったクラブは
手放すようにしているのですが、今でも手放せない状態でいます。

P1050572-s.jpg

<r7 superquad>
ロフト:9.5度、シャフト:NS PRO GT-500 (S-flex)
長さ:45.25 inch、重量:308.5 g、バランス:D2.75、振動数:246 cpm


r7スーパークワッドは安定性もよく、自分のベストスコアを記録したのはこのクラブの時です。
その後、腰を痛め、スコアもボロボロになりました。
その頃、年に1回の社内コンペのみ辛うじて参加している状態で練習はほぼ0、
何よりも自分でどういう風にクラブを振っていたか分からないくらいの感覚になってました。

そういった時、ついついクラブを換えればという気にもなって買ったりもしたのですが
当然ながら何を買っても良くなるわけはありません。
その時に調子の良かった頃のr7スーパークワッドの何が良かったのだろうかと考えていると、
丸顔でフェイスまで黒く、ハンマーで横から引っ叩くイメージが
自分には良かったのだろうと思えました。

P1050570-s.jpg

当時、調子の良かったFWもバーナースチール2007で確かに丸顔だったのです。

またフェイス面が黒いことで、
ある意味アバウトに構えられる気楽さが良かったのかもとの考えで、
自分の好みは「丸顔で(フェース面も含めて)精悍な黒ヘッド」という考えに至りました。
現在、所持しているウッドとユーティリティが、
フェイス面を含めて全て黒になった原点はこのクラブにあります。

そして、腰の具合が少し回復してきた2013年に近くのお店で、
現在エースのタイトリスト 913D2を見て、自分の好みに合うことと、
シャローヘッドで投影面積が大きく安心感もあることから購入に踏み切りました。
ただ、改めてr7スーパークワッドと913D2を比べると、
もう少し小顔の方が叩けるイメージが出るのだろうかいうことを考えていたときに、
Legacy Black 440に出会って、衝動買いをしてしまいました。

クラブ購入時に自分の好みを考えておくというのは大事なことのように思います。
とは言え、評価が高いクラブに目移りするのは、
綺麗な女性がいれば思わず見てしまうぐらい自然な成り行きなので仕方ないことですが。

私にとって、このr7スーパークワッドは自分がどういう見た目のクラブに安心感を持つのか、
相性がいいのだろうかということを考えさせてくれたクラブです。



  1. 2015/09/21(月) 15:44:28|
  2. ドライバー
  3. | コメント:0

ラグビーW杯 日本ー南アフリカ

ニュースで知って、先程ハイライトを見ました。

私は最低限のルールを知るぐらいで、ラグビーには全くの素人です。
結果を知って見ても、大興奮です。
競技場の雰囲気といい、最後の逆転トライの瞬間は鳥肌ものです。

ラグビーW杯日本勝利
<写真:CNN.co.jpより>

ゴルフとは話題が違いますが、
この感動を伝えたくて・・・

今後のW杯・日本ラグビーに期待です。


  1. 2015/09/20(日) 23:31:42|
  2. 閑話
  3. | コメント:0

ANAオープン


札幌GC輪厚Cで行われたANAオープン、石川遼が優勝しましたね

Ryo Ishikawa
<写真:デイリースポーツより>

単独首位で逃げ切れると思った17番ホール、ティーショットを右に曲げ、
不穏な感じが漂いましたが木に当たったボールは隣のホールのフェアウェイに
今日は運を持っていたのですね。

最終18番ホールは、またもやティーショットを右に曲げラフの中に。
17番、18番とやはり緊張や力みが生じていたのでしょうか?
しかし、木の枝を避けて低い球で、右に曲げる見事なリカバリーショット
その後の距離のあるパットもバーディこそなりませんでしたが見事なタッチでした。

大事な場面でのトラブルショットに成長が見えますね、というか
もともとトラブルショットは上手かったというか、センスがあるというか、
過去にはウォーターショットなどいろいろありますね。
それにアイアンなどのショットに安定感が出ているように思えました。
米国で苦戦しているようですが、着実に成長しているようですね。
今後を期待したいところです。



  1. 2015/09/20(日) 19:15:05|
  2. その他
  3. | コメント:0

キャロウェイ Legacy Black 440

サブ・クラブセッティングに入っているドライバー、Legacy Black 440です。
まだ、練習場で3回程度、ラウンドで1回しか使用していないクラブなので、
今後の印象によってはまだまだ評価が変わる可能性を秘めています。
FWと一緒で、この春に叩き売り状態でとってもお買い得になっていたので衝動買いしたクラブです。

P1050554-s.jpg

いつものように顔付きが丸顔で、精悍な黒ということが私にとっては大事です。
丸顔なんですが、レガシー顔とでもいう私の大好きな丸顔とはちょっとだけ違う顔であることも確かです。
でも、使用にあたってはNo Problemです。
タイトリスト 913D2と比べると小顔になる分、叩けるようなイメージも出てくる感じです。

P1050553-s.jpg

シャフトは、純正のSPEED METALIX ZXと、DI-6Cs。
当初は純正シャフトを購入したのですが、
FWのDI-6Csが良かったのでオークションでDI-6Csのシャフトを追加購入しました。

P1050592-s.jpg

ここでスペックの紹介ですが、ロフトは9.5度です。


シャフト:SPEED METALIX ZX (S)
長さ:45.0inch、重量:313.0g、バランス:D2.0
(マーク金井氏のHPからの参考値として、振動数242cpmというのがありました。)

シャフト:DI-6Cs
長さ:45.0inch、重量:312.0g、バランス:D1.5
(ゴルフ5の試打クラブでは、振動数248cpmという表示がありました。)


あまり使用できていないので、私のファーストインプレッションのような感想ですが、
純正シャフトは癖のないような感じでいい感じです。
私のようなHS(42m/s)の方にはちょうど良いくらいではないでしょうか。
芯を食ったときには柔らかな感触で、中弾道のランが出そうな感じのいい球がでます。
晴れた日であればランの分だけ913D2よりも飛距離は出そうな気がします。

ただ913D2に比べて芯が狭いのでしょうか、技量を要求されるような気もします。
オートマティックに平均飛距離が出るのは913D2かなということで、
これが私のセカンドドライバーになっている理由です。


ついで、DI-6Csシャフトの方ですが、
FWでは調子がいいのですが、ドライバーとなるとなぜか微妙です。
先中が動くのか私の腕では引っ掛けが多く出てしまいます。
1回だけラウンドで使用したのですが、まっすぐに行ったのは2回くらいで
大半が引っ掛けでした。
ただタイミングの合う方であれば、純正シャフトより飛ぶ可能性を秘めていると思います。
シャフトデザインのTour ADの黒とオレンジは、FWとお揃いでかっこいいのですが、
純正シャフトよりもコントロールが悪く感じたので・・・・微妙です。


ただ、私の場合は練習を思うように出来ないので
時期が変わればドンピシャにはまることも期待して、セカンドバックの中で待機してもらってます。

8月上旬にラウンドをして腰の調子が悪いままなので、もう1ヶ月半もクラブを握ってません。
そのうち、また打ってみて印象が変われば情報をします。


  1. 2015/09/19(土) 18:43:30|
  2. ドライバー
  3. | コメント:0

閑話 その2

次回からは、ゴルフの話題に戻れそうです。

今日は朝から雨でしたが、昼過ぎには青空が見えました。
夜にはまた雨になったのですが、
素晴らしい景色に出会えました。

P1050773-s.jpg

また、ちょっと警察官の制服というか、帽子が
昔のサンダーバードのようでカッコよかったのでちょっと撮ってみました。

P1050752-s.jpg

全体像が分かりにくくてすみません。
警官の体も大きくて傍によると中々の迫力でした。

それでは。


  1. 2015/09/18(金) 06:38:58|
  2. 閑話
  3. | コメント:0

閑話 その1

ちょっとゴルフの話題を離れて。
というのも、いつものPCがなく写真が取り出せないもので・・・

今週は出張しておりまして、
今日撮った写真をアップします。一服の清涼剤になればと思います。

P1050612-p.jpg

ひと足早く秋の香りが漂っているようです。
思いのほか人種のルツボになっているように感じました。
それでも日本や米国と比べると、まだまだ中国人が少なくてどこかホッとします。
でも日本人よりも多くいそうですが・・・・

P1050635-p.jpg

では、今日はこのへんで。


  1. 2015/09/15(火) 05:26:34|
  2. 閑話
  3. | コメント:0

サブ クラブセッティング

現在のクラブセッティングは、すでにご紹介したのですが、
私はいつも2つクラブセットを置いておくようにしています。
(時に出張ついでにラウンドする時、サブセットがあると便利だったりします。)

単身赴任をされている方などでは、
全く同じセットをご自宅と赴任先に用意している方もいると聞きますが、
私の場合は全く違う内容のセットとなります。

新しいクラブを買ったときに、前のクラブをすぐに売るのではなく置いています。
新しいクラブは何回か使用してみないと分からないので・・・
その上で、新しいクラブ・前のクラブ・前のサブクラブの3本で
新たなセッティングを決めて、そこから残念ながら外れたクラブを売却しています。

こういった時にも、ある程度自分自身のセッティングの重量フローに統一感があると
クラブの入れ替えも問題なく出来たりします。


現在のサブセッティングです。
私の場合、サブクラブも非常に綺麗だったりします。
手入れをするのも好きなんですが、何よりも腰痛のために使用頻度が少ないからなんです。

P1050590-s.jpg


Driver: Callaway Legacy Black 440 (9.5°), TourAD DI-6C (S)
長さ:45.0inch, 重量:312g, バランス:D1.5

FW: Callaway X-HOT #3(15°), NS PRO GT500FW (S)
長さ:43.0inch, 重量:324g, バランス:D1.5

FW: Callaway X-HOT #5(19°), NS PRO GT600FW (S)
長さ:42.25inch, 重量:335.5g, バランス:D1.25

UT: Titleist 915H (21°), (24°), Speeder715 (S)
長さ:40.0inch, 重量:354.5g, バランス:D2.0 (21°)

Iron: Taylormade R9 Iron #5-PW, NS 950GH (R)
長さ:37.75inch, 重量:404.5g, バランス:D0.25 (#5)
長さ:35.5inch, 重量:436.5g, バランス:D2.0 (PW)

Wedge:Titleist Vokey TVD (52°), (57°), NS PRO WV 105
長さ:35.5inch, 重量:450.0g, バランス:D2.5 (52°)
長さ:35.25inch, 重量:456.0g, バランス:D3.5 (57°)

Putter: Odyssey White Hot Pro #5
長さ:33inch, 重量:526.0g, バランス:C9.0


  1. 2015/09/12(土) 09:40:03|
  2. クラブセット
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

芝刈り夢想

Author:芝刈り夢想

腰痛持ちの中年ゴルファー。
ラウンドや試打も思うように出来ず、日々芝刈りを夢想しています。

170cm, 64kg, HS 41~42m/s
Best Score 78
GDO HDCP 18 (Best 15)






ゴルフランキング

 ポチッとよろしく

来場者数

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
クラブセット (12)
ドライバー (36)
フェアウェイウッド (24)
ユーティリティ (6)
アイアン (13)
ウェッジ (12)
パター (29)
シャフト (33)
クラブについて (20)
ラウンド (87)
  2017 (43)
  2016 (41)
  2015 (3)
練習 (28)
ゴルフグッズ (39)
その他 (39)
閑話 (54)

最新コメント

月別アーカイブ

マイ・セッティング


Main-Club Setting

P1080806.jpg
Driver: Great Big Bertha
FW: X2 HOT PRO
Legacy Black 2013
UT: Titleist 915H
Iron: MIZUNO MP-54
Wedge: Titleist Vokey SM5
Putter: White ICE ix 5CS

Sub-Club Setting

P1070313.jpg

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QR コード

QR

ポチッとよろしく!





人気ブログランキング