芝刈り夢想 ~ボギーペースと道具を愛でる~

ウェッジのロフト その4

ウェッジのロフトに関しての最後です。

クラブのロフトを図示してみました。
1マスでロフト2度に相当します。


loft1.jpg


上2つは私のクラブを示していますす。
ついでに、アベレージ~セミアスリート用のクラブとして
タイトリストAP1とスリクソンZ545も図示してみました。

こうやって見るとロフトの違いというのが分かるかと思います。
AP1のPW 43度とかなり立っています。
私のR9 ironと比べると完全に番手が1つ変わっています。

そこで、赤枠で囲んだウェッジのセッティングをどうするか
というのを考えるのも面白いかなと思って出してみました。

自身のセッティングであればどうしますか?





ちなみに私であればということで、私の案を出してみます。
もちろん正解などというものはありませんので、単に参考までということです。

私であればウェッジを1本追加した場合は、5番を抜いて全体の本数を調節すると思います。


loft2.jpg






スポンサーサイト
  1. 2015/11/30(月) 19:16:56|
  2. クラブについて
  3. | コメント:2

ウェッジのロフト その3

私のウェッジのロフトですが、
今、使用しているウェッジは、ロフトが (MP-54) PWは46度、その下は52度、58度 (Vokey SM5) になっています。
またサブクラブのウェッジは、ロフトがPW (R9 iron) は47度、その下は52度、57度 (Vokey TVD) になっています。


wedge loft


ちなみにMP-54 #9はロフト41度ですので、ロフト間隔は5度、6度、6度となります。
R9 iron #9は43度ですので、、こちらのロフト間隔は4度、5度、5度となっています。


wedge loft combination-3
<タイトリストHP・カタログ2013より>


タイトリストのHPからですが、一般的なセッティングの場合には
4度~6度刻みでのセッティングが推奨されています。

私のVokey TVDは56度を1度寝かせて57度にしていますので、ちょっとイレギュラーですが・・・
でも時に奇数ロフトのウェッジを見ることもあります。
アイアンセットでのAWでは51度を見ることもありますし、以前MIZUNOで53度のウェッジもありました。


ついでに、私の場合の飛距離の階段ですが、
PW 100y - 52度 85y - 58度 70y と言ったところです。
フルショットではもう少し伸びると思いますが、実際はこんなところです。
ロフトの1度の差は、素人にはショットの誤差として影響はないように思います。
ただグリーン周りのアプローチでは少し変わる気がしますが・・・




  1. 2015/11/28(土) 09:36:09|
  2. クラブについて
  3. | コメント:0

ウェッジのロフト その2

ウェッジのロフト間隔ですが、
通常は4~6度刻みが理想的とされています。


wedge loft combination-4
<ゴルフドゥ!HPより>

上記はあくまでも例ですので、PW44度であれば6度刻みを推奨しているものでも、
またPW48度で4度刻みを推奨しているものでもないと思います。



これは、ウェッジのロフトが2度で5y程の飛距離差があることに
関係しているからではないかと思います。
4~6度刻みで、10~15yですので、大体マッチするのではないでしょうか。


wedge loft combination-2
<タイトリストHP・カタログ2013より>


よって、PWとSWとのロフト差があまりに大きいときには、
その間に2本のウェッジを入れてロフト間隔が開き過ぎないように考慮すべきかと思います。
そういった超ストロングロフトのアイアンセットを使われている方は、
#5のロフトがかなり立っていると思いますので、
#5を抜いてウェッジを増やすのも一つの方法と思います。

まあ、結果的には番手がズレただけとも言えますが、
その証拠にXXIO9などはアイアンセットが5本セット(#6~PW)になってたりします。
内容的には、昔の#5~#9と同じようなロフトなので、
単品ウェッジを3本(PW, AW, SW)追加するとちょうど良いことになります。

要するに、ストロングロフトのアイアンは、
見栄にコミットする」というところでしょうか。



To be continued !





  1. 2015/11/24(火) 22:33:26|
  2. クラブについて
  3. | コメント:0

ウェッジのロフト その1

「自分のPWのロフトを言えますか?」


というのも、通常のアイアンセットでAW, SWまで購入しない場合は、
単品売りのウェッジを購入しているかと思いますが、
自分のPWのロフトを言えない方は、
ウェッジのロフト選択をどのようにしているのかなと思い、
ロフトセッティングについてのおさらいをしたいと思います。
本来はバウンスも考慮に入れるべきでしょうが、今回はロフトのみにします。


ウェッジのロフトを決めるには、まずSWのロフト決めからですかね。
56度、58度にするのか、もしくは・・・と迷うかと思います。
これは各人のプレースタイル・好みによって変わるかので、本当にお好み次第ですね。

SWのロフトが決まれば、AWのロフト決めになると思うのですが、
ここで「PWのロフトは?」になります。
当然PWとSWの間のクラブですので、PWのロフトを知らずして決められないと思うのですが、
私の周りでも意外と知らない・答えられない方がいるのです。


wedge loft combination-1


<タイトリストHP・カタログ2013より>


今時のアイアンセットは、ストロングロフト時代になって、
PWのロフトはブランドによってかなりの開きが出てきています。

アベレージ用で44度、アスリート用で46度くらいが多いように思いますが、
グローレFは41度とすごくロフトが立っているものもあります。
タイトリストでは今年の716AP2は45度になっています。
ちょっと昔は、47度・48度が普通でした。


To be continued !





  1. 2015/11/22(日) 09:20:05|
  2. クラブについて
  3. | コメント:0

ふるさと納税

シャフトは、カーボンも、スチールも結構、日本シャフトの製品を好んで使用している私 ですが、
ネットでちょっとした話題を見つけました。


長野県・駒ヶ根市が、ふるさと納税返礼品に
日本シャフト株式会社」が製造するゴルフドライバー用カーボンシャフト
加えたとのことです。
日本シャフトの本社は神奈川県・横浜市ですが、
ゴルフシャフトは駒ヶ根工場のみで企画開発から製造まで行っているのが理由のようです。


駒ヶ根市
<駒ヶ根市HPより>


対象となるのは、
N.S.PRO Regio formula MB
N.S.PRO Regio formula M
N.S.PRO Regio formula
で、5万円以上の寄付でもらえるようです。

ただし、シャフトのみの提供のため工賃等は自己負担になるようですが。




  1. 2015/11/21(土) 01:19:39|
  2. その他
  3. | コメント:0

戦力外通告&解雇

私のサブクラブセッティングの中の、

ドライバー: キャロウェイ Legacy Black 440

フェアフェイウッド: キャロウェイ X-HOT FW (#3, #5)

ですが、すでに戦力外通告のような記事をアップしていましたが、
とうとう解雇(売却)してしまいました。


Legacy Black X-HOT


いつもは新しいクラブを購入してから入れ替え戦になるのですが、
今回は見切り発車です。
というのも、頭の中に次のクラブのイメージがあるというのが本音ですが。

ただし、これからは私の中のオフシーズンになるので、
春まで待てば価格も少しは下がることを期待もして、
購入を待ちたいとは思いますが、誘惑に負けてさっさと買ってしまうかもしれません。





  1. 2015/11/17(火) 13:04:01|
  2. その他
  3. | コメント:2

X-HOT FW (NS PRP GT600FW) vs. Legacy Black FW (DI-6Cs)

先日、キャロウェイ Legacy Black FW 7番のTour AD DI-6CsとGT-6
の打ち比べをアップしましたが、
その際にサブクラブのキャロウェイ 初代X-HOT FW 5番(NS PRO GT600FW)も持って行って、
キャロウェイ Legacy Black FW 5番(Tour AD DI-6Cs)とも打ち比べてみました。


それぞれのスペックは以下の通りです。

Legacy Black FW (Tour AD DI-6Cs)
ロフト:18度、長さ:42.5inch,、重量:329.5g,、バランス:D1.25、振動数:254cpm

X-HOT FW (NS PRO GT600FW, S-flex)
ロフト:19度、長さ:42.25 inch、重量:333.5 g、バランス:D1.25、振動数:262 cpm


X-HOT vs Legacy


久しぶりのX-HOTでしたが、近頃Legacy Black FWの小顔に慣れたせいか、
また長さも0.25インチ短くなっているのも加わって、
今回はなんとなく大きくボテッとした感じで構えにくく感じました。
(つい最近までX-HOTがメインクラブの時には、精悍で構えやすいと思っていたのですが・・・)
構えた時にいいイメージが湧かないと、なぜか良い球が出てこないものです。
ミスショットも多く出てしまいました。


まずシャフトですが、NS PRO GT600FWはこれまで良いイメージしかありませんでしたが、
今回はしなり量が少なく感じました。
(DI-6Csがしなるために、より強く感じた可能性があります。)
インパクト時に先端がスパンと球を捕らえる感覚があったのですが、
今回は微妙にわかりませんでした。
根本的に私の問題だと思います。

最近のゴルフ5での計測でもHSが落ちていますので、
これまでのベストシャフトがいつまでもベストではないということに気付かせてもらいました。
今後のクラブ、シャフト選択の際にスペックダウンを頭に置いておきたいと思います。


X-HOTの打感については、少し硬めの弾き感がありますが
決して嫌な硬さではありません。
Legacy Black FWは弾き感の中に柔らかさがあるような感覚です。
飛距離は大差ないように思います。


今回、あらためて打ち比べてみましたが、
Legacy Black FW (Tour AD DI-6Cs)に慣れてきているのもあって、
X-HOTに返り咲きのチャンスはないなと実感しました。

さらにX-HOT 3番は、
私のHSでは元々球が上がりにくいので使用機会が少なく、バックの肥やしとなっています。

今回のX-HOT 5番の感触と合わせて考えると、
早めに売却して少しでも高い値をつけてもらい、次の軍資金にした方がよいかなと思いました。

これから、オフシーズンの入れ替え戦が起きそうな予感です・・・






  1. 2015/11/15(日) 22:07:38|
  2. フェアウェイウッド
  3. | コメント:0

急遽、参戦!

今シーズンのラウンドはもうないかなとも思っていましたが、
本日の休みに急遽参戦してきました。

場所は、かほゴルフクラブ(旧 嘉穂カントリー倶楽部)です。

初めてラウンドするコースでしたが、コースコンディションは良かったです。
フェアウェイも広めで、距離はやや短めと思いました。
若干、グリーンにボールマークが多く目についたのと、
初めてのコースでセルフのプレーヤーには、コース案内が不十分と感じました。
丘越えの先が見えないホールではあやうく前の組に打ち込むところでした。
しかし、総じて天候も良く、気分良くプレーできました。


かほGC


今回のスコアです。

嘉穂CC


今日はボギーペースを守ることができ、
トリプル以上の大崩をすることもなく、ごきげんです。
ティーショットは前回よりはマシでしたが、まだまだ不調を脱し切れていません。
フェアウェイが広かったためOBはなく、
ティーショットが悪くても3オンで十分、とあせることなくやったのが
今期のベストにつながったものと思います。

今回、もう一つの課題のパットですが、
スコッティキャメロン Select Newport2 Notchbackをコースデビューさせてきました。

総パット回数は38とさえないのですが、
個人的には次回も使用してみようと思うことが出来ました。

前半は、自分でも舞い上がっているような、地に足が着いていないようで
パターの評価ができないような出来でした。

後半は、自分を取り戻してパットを行うことが出来ました。
ハーフパット数 18と平凡ですが、距離感もかなり合わせることができ、
タップインも何度かありました。
またヘッドの重みで短いパットに安心感が出てきました。

エースパターの争いは、オデッセイ White Hot Pro #3よりも
スコッティキャメロン Select Newport2 Notchbackがリードしたというところでしょうか。

まだまだ今期のプレーを終わりたくないなと思いましたが、
そろそろ木枯らしの季節、寒くなると腰に厳しいのでそれが問題です。
でも今日は全く寒くもなく、良いゴルフ日和よりでした。


今回のスコアで、GDO HDCP 18 となりました。




  1. 2015/11/13(金) 02:24:32|
  2.   2015
  3. | コメント:2

Tour AD GT-6 vs. DI-6Cs

この1ヶ月程、腰の調子が比較的良いのと、
平日の休み(家族の相手をしなくて良い)があるせいでゴルフ練習が充実しています。
とは言っても、週に1度がせいぜいですが。


P1050859-s.jpg


先日購入したキャロウェイ Legacy Black FW 7番(GT-6)を持って行って、
Tour AD GT-6 (S)Tour AD DI-6Csのシャフト違いを打ち比べてみました。


DI-6Cs vs GT-6


球の弾道に大きな違いはありませんでしたが、
時にドロー系になるDI-6Csに比べて、GT-6はほぼストレート系でした。
また弾道の高さも同じような感じでした。

スイングの感覚ですが、
個人的にはDI-6Csの方が好みです。
切り返しでのタイミングが取りやすいような気がします。
GT-6は手元も少し硬い感じで、切り返しでのタイミングが少し取りにくい感じです。

それから打感なのですが、
DI-6Csの方が吸い付くような、厚いあたりを感じる気がします。

今日の感じからは、やはりエースはDI-6Csかなと思います。
日を改めて打ち比べて、フィーリングが変わらなければ、
早いうちに売却する方が良いのかな・・・(苦笑)






  1. 2015/11/11(水) 19:46:02|
  2. シャフト
  3. | コメント:0

スコッティキャメロン Select Newport2 Notchback

エースパターを迷っていて、今年はブレード型に移行してみました。

オデッセイ White Hot Pro #1に最初に戦力外通告を出すことになり、
前回のラウンドでは、オデッセイ White Hot Pro #3を使用してみました。
その感触は、決して良好とは言いがたいのですが何度が使ってみないことには・・・
というような消極的なものになっています。

その後の部屋でのパット練習で、
徐々にですがスコッティキャメロン Select Newport2 Notchbackに気が移ってきています。


P1050874-s.jpg


ヘッドの重さが良い具合に手先のブレを防いでくれるような感じです。
また、前回のラウンドで速いグリーンでは距離感がホワイトホット インサートでは取りにくかったので
その点でも期待できるかもしれないと思っています。


P1050876-s.jpg


それから構えた時の形状ですが、
両翼が突き出ていてやや大きく見えることもあり、結構、安定感があるように感じます。
次のラウンド(来年春かもしれませんが)では、
このスコッティキャメロン Select Newport2 Notchbackを使ってみたいと考えています。


P1050880-s.jpg



<スペック>

長さ:33 inch、ロフト:4度、重量:554 g、バランス:D0.75






  1. 2015/11/08(日) 20:26:25|
  2. パター
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

芝刈り夢想

Author:芝刈り夢想

腰痛持ちの中年ゴルファー。
ラウンドや試打も思うように出来ず、日々芝刈りを夢想しています。

170cm, 64kg, HS 41~42m/s
Best Score 78
GDO HDCP 18 (Best 15)






ゴルフランキング

 ポチッとよろしく

来場者数

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
クラブセット (11)
ドライバー (33)
フェアウェイウッド (20)
ユーティリティ (5)
アイアン (12)
ウェッジ (12)
パター (24)
シャフト (33)
クラブについて (19)
ラウンド (71)
  2017 (27)
  2016 (41)
  2015 (3)
練習 (24)
ゴルフグッズ (32)
その他 (30)
閑話 (45)

最新コメント

月別アーカイブ

マイ・セッティング


Main-Club Setting

P1070311.jpg
Driver: Great Big Bertha
FW: X2 HOT PRO
Legacy Black 2013
UT: Titleist 915H
Iron: MIZUNO MP-54
Wedge: MIZUNO MP-R4
Putter: S.Cameron NP 2.5

Sub-Club Setting

P1070313.jpg

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QR コード

QR

ポチッとよろしく!





人気ブログランキング