芝刈り夢想 ~ボギーペースと道具を愛でる~

グリップ交換 その4

中断していたグリップ交換を行いました。

グリップを剥がした後の残っていたテープを綺麗に剥がすところから開始しました。
CURE556を使用して、うまくいきました。


P1060358-s.jpg


ここからは、剥がす前のバランスと剥がしたグリップ重量、
新しいグリップ重量を考えて、鉛補正をどれくらいつけるか1本ずつ考えます。

今回の例として、#5ですが
(前) バランス D1.75、グリップ重量 49.5g
                
(後) バランス D1.0、グリップ重量 50.0g、鉛 2.5g
<D1.0を目標に、剥がす前よりグリップ側を3.0g程重くしてみようとして鉛を2.5gにしました。>

グリップエンド側のシャフトの中に鉛を貼り付けます。
ただし、自然に剥がれると嫌なので一部を外に出しておきます。


P1060362-s.jpg

 
写真のように一部を外に出して折り曲げます
今回は、鉛補正の重量が大きくなったので1枚2.5gの鉛を使いましたので、少し分厚いです。

さらに補正をするときには、薄いものを追加して補正しています。


P1060372-s.jpg


鉛は必ず外に一部を出して折り曲げておきます。
その後で、テープを巻いていきます。


P1060370-s.jpg


こうやって上からテープを巻いて、さらにグリップを装着しますので、
鉛が自然に剥がれることを防ぐことが出来ます。

グリップエンド側のテープの処理ですが、
シャフトの管空を塞ぐようにテープを巻き、さらに先端をねじる様な感じでしっかりと塞いだ後に、
ちょっと沈み込ませるようにして下巻き処理の完成です。


P1060376-s.jpg


こうすることで、グリップエンドの穴から水が浸入するのをある程度は防ぐことが出来ます。
シャフトの管空に水が入ると錆の原因にもなりますので。

自分でグリップ交換するようになる前は、
パターのグリップエンドの穴に、マーカーを挿したりしてました。
(実際、そのための穴かと思ってました。

しかし、下巻きのテープに穴をあけたり、隙間を作ったりすると問題なので
以後はさすがにしないようになりました。





スポンサーサイト
  1. 2016/01/30(土) 17:00:35|
  2. クラブについて
  3. | コメント:0

Titleist VG3 2016

タイトリストのNew VG3が3月4日に発売されるようですね。
新しいモデルは、色がこれまでのブルー系からブラックになるようです。
黒ヘッドが好きな私としてはそそられるものがあります。


VG3 2016
<GDOニュースのHPより>


現行のVG3 (2014)も前に考えたことはあったのですが、
913D2に付けているシャフトを流用すると装着はできるものの、
重量とバランスが軽くなるという欠点があります。

New VG3も問題点としては、
軽量化が進んでいるようですので自分のクラブセッティングの重量バランスと合わないだろうなと言うことと、
タイトリストの中の”ゼクシオ”なので、価格が高いのだろうなということです。



  1. 2016/01/29(金) 23:40:21|
  2. ドライバー
  3. | コメント:0

パット 如何に真っ直ぐに打つか

GoLo S5が届いてから、部屋でかなり練習をしてみました。
でも、私の”持ち球”である引っ掛け気味の、ターゲットの左に外れる球が出ます。
このときには、NP2 Notchbackに代えてみても同じ球が出ます。

試行錯誤して、いい感じで真っ直ぐな球が出るようになると
どちらのパターでも同じ良い球が出ます。

結局のところ、それなりに良いと思えるパターであれば、
パターそのものよりもパターのスイングに問題があるということでしょうか。

パターにセオリーはないとも言いますので、
昨日の感触がこれからも正しいかどうかはわかりません。
それでも自分なりに気付いた事を書いてみます。
ご意見・アドバイスがあればぜひ伺わせてください。


1 まずターゲットへの意識を集中し、ブレないようにする。
2 スイングのリズムを安定させるために、両腕で五角形を意識しながら振る。
3 ターゲットへのフォロースルーを大事にする。



集約するとこんな感じでしょうか。
ヘッド軌道は、in to inとかstraight to straightとかいろいろ言われていますが、
はっきり言って私にはわかりません。
ただ、上の1~3は他のクラブでスイングするときの私自身の注意点に通じるものがあります。

ドライバーとアイアンのスイングは同じか、という話もありますが、
そこにパターの打ち方も同じかという話題が入るのでしょうか・・・




  1. 2016/01/27(水) 22:02:34|
  2. 練習
  3. | コメント:0

スコッティキャメロン GoLo S5

ずーっとパットが不調で、最近は1回のラウンドで平均すると40くらい叩いていると思います。
腕が悪いのが原因であることは百も承知ですが、
そこを道具でカバーしようというのが私でして・・・

やっちゃいましたScotty Cameron GoLo S5


P1060384-s.jpg


現在、エースとなっているNewport2 Notchbackを選ぶ際に、
もうひとつ気になっていたのが、GoLo S5です。
正しくは、前の型の黒いヘッドのものです。
昨年は、ピン型への移行を決めたので、頭の中から離れていました。

近頃のラウンドでは、方向性に課題があるため
方向性であればやはりマレット型の方が良いのだろうかという考えがフツフツと沸き起こり、
頭の中で雷がゴロゴロと。

ネットで見てみるともうすぐモデルチェンジなのか、現行のGoLo S5も品薄状態になっていて、
その中で価格的にリーズナブルなショップを見つけて、ポチッとやっちゃいました。


P1060389-s.jpg


ライン出しは、やはりしやすいように思います。
打感は同じキャメロンですが、黒ヘッドのNotchbackの方が良いように思いました。
なんというかアイアンで例えるなら軟鉄と出来のいいステンレスの違いのような感じです。

それにしても、この1年半の間にパターを5本も買ってしまいました。
もう言い訳は出来ない状態です。
がんばって腕を磨きます。






  1. 2016/01/26(火) 21:10:09|
  2. パター
  3. | コメント:0

日本シャフト Regio Formula B

何気なくチェックしていたら、私の好きな日本シャフトから新しいシャフトが
以前使用していた青レジオ、Regio Formulaの後継シャフトでしょうか。


regio formula B1


日本シャフトのHP を見る限りでは、
「強い撓り戻り」・「叩いて距離を伸ばす」・「かつてない弾き感」というワードが出てきますので、
弾き系のシャフトかもしれません。

シャフト特性は、モーダス3 120と似た感じになっているようです。


regio formula B2


現在、私のセカンド・ドライバーになっているRegio Formula MBとの特性比較です。


MB剛性分布


基本的には、初代Regio Formula (青)と特性は似ているようです。

気にはなるけど、すぐに試してみる必要性が今はないので・・・・






  1. 2016/01/25(月) 14:18:09|
  2. シャフト
  3. | コメント:0

大寒波

近年では数年に一度、雪が積もるぐらいですが、
普通はシャーベットのような感じで、昼までに雪も解けてしまいます。
今回は滅多にない大寒波の影響で、めずらしく2日連続の雪景色です。
雪質も少し違ってて、街中でチェーンがないと車が走れないというのも本当に珍しいです。


写真20160124


上の写真は、昨日、1月24日(日曜)の福岡市博多区の風景です。
仕事帰りに撮ったのですが、日曜夕方にこんなに車が少ないと言うのも初めてでした。




  1. 2016/01/25(月) 12:19:00|
  2. 閑話
  3. | コメント:0

バランスについて

グリップ交換の話題の中で、グリップ重量や鉛調整の話をしていますが、
ちょっとだけクラブバランスの話に触れておきたいと思います。

クラブを購入するときに、バランスD1.0 とか書かれていると思いますが、
簡単に言えば、振り易さの一つの指標かと思います。

同じクラブを普通にグリップを握って振った時と、
ヘッド側を持って振った時では、同じ重量でも全然感覚が違うと思います。
先端側が重ければ、重量感を感じます。
手元側が重ければ、軽く感じて振り易く感じる反面、軌道は不安定になると思います。
ヘッドスピードの速い、力のある人ではある程度のバランスが出ていないと軌道が安定しないと思います。
逆に、一般女性のようにヘッドスピードと力がない人は、バランスを軽くしないと振れないと思います。

一般男性では、バランスがD0~D2の方が多いと思いますが、
力のある方や男子プロにはD2が多いと思います。

私の言葉の使い方ですが、「バランスが出る」「バランスが効く」というのはヘッドを重く感じる意味で使ってます。
C9 < D0 < D1 < D2  と順番にヘッドが重く感じるということになります。

では、バランスの計測はどうのようになされるのかということですが、
MIZUNO のHPに分かりやすいのがありましたのでご紹介いたします。


バランス1


14インチバランス計が標準のようです。

計算式:重心から支点までの長さ(インチ)×クラブ重さ(オンス)
(1インチ=25.4mm、1オンス=28.35g)

で計算するようですが、詳しくは前述のMIZUNOのHPをご覧ください。

私も個人用のバランス計で測定しながら、グリップ交換時などに調整をしますが
その目安としているのは、グリップ側を約4g重くするとバランスが1ポイント軽くなる、
またヘッドを約2g重くするとバランスが1ポイント重くなるというような感じでやってきました。

この点についてもMIZUNOのHPにありました。


バランス2


ご自身で調整される方のご参考になれば幸いです。






  1. 2016/01/24(日) 11:46:53|
  2. クラブについて
  3. | コメント:0

Author Name 変更

Author: タックリーノ

として来ましたが、覚えて頂きやすいようにブログタイトル名と一致させました。

今後は、
Author: 芝刈り夢想

となりますので、よろしくお願いいたします。m(_ _)m



  1. 2016/01/23(土) 22:14:07|
  2. 閑話
  3. | コメント:0

スイングバランサーⅡ

私が家で使用しているバランス測定器、
三光精衡所のスイングバランサーⅡです。


swing balancer


現在の価格は8000円前後しているようです。
私が購入した頃は、6000円台だった気がします。

物の作りはシンプルなものですが、
それだけに計測器としての精度を要求されているのだと思います。

実際に測定をしていて、
このスイングバランサーⅡの精度は信頼できるものと思っています。
現在のアイアン、ミズノMP-54を購入したときに、
6本のバランスが全てピタリと一致して、さすがMade in Japan, Made in YOROと感心しました。
逆に言うと、測定器も信頼できると思いました。

スイング・バランスの測定法には国際規格があって、14インチ計によって統一されているようです。
そして、日本の14インチ計のスイング・バランサーの原器とも言うべき基準器は、
SANKO(三光精衡所)の技術によって研究開発され、制作されたということですので、
個人用の測定器ではあっても信頼性は高いのではないでしょうか。

実際の使い方は、三光精衡所のHPに説明があったので拝借しました。


スイングバランサーの使い方


本当は、振動数計も欲しいのですが
振動数計は価格が一桁変わるので我慢しています。





  1. 2016/01/23(土) 02:15:05|
  2. ゴルフグッズ
  3. | コメント:0

グリップ交換 その3

今日は仕事帰りにフラッとお店に寄って
バランス調整用の鉛を買ってきました。


P1060330-s.jpg


いつも使っているのは、写真左の薄いロールを切って使用しています。
グリップエンド側のシャフト内に貼り付けて、カウンターバランスを出しています。

しかし今回は、約3グラム程調整が必要となると
かなりの長さを細切れにして貼ることになるので、
写真右の厚めの鉛を購入しました。

問題は、厚めなので
シャフト内に貼った時に少し折って外に出せるかということと、
グリップ挿入時にその部分が邪魔にならないかということです。

分かりにくいとは思いますが、
実際に作業をしたときにはその部分をアップしたいと思います。





  1. 2016/01/20(水) 22:22:17|
  2. クラブについて
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

芝刈り夢想

Author:芝刈り夢想

腰痛持ちの中年ゴルファー。
ラウンドや試打も思うように出来ず、日々芝刈りを夢想しています。

170cm, 64kg, HS 41~42m/s
Best Score 78
GDO HDCP 18 (Best 15)






ゴルフランキング

 ポチッとよろしく

来場者数

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
クラブセット (11)
ドライバー (33)
フェアウェイウッド (20)
ユーティリティ (5)
アイアン (12)
ウェッジ (12)
パター (24)
シャフト (33)
クラブについて (19)
ラウンド (71)
  2017 (27)
  2016 (41)
  2015 (3)
練習 (24)
ゴルフグッズ (32)
その他 (30)
閑話 (45)

最新コメント

月別アーカイブ

マイ・セッティング


Main-Club Setting

P1070311.jpg
Driver: Great Big Bertha
FW: X2 HOT PRO
Legacy Black 2013
UT: Titleist 915H
Iron: MIZUNO MP-54
Wedge: MIZUNO MP-R4
Putter: S.Cameron NP 2.5

Sub-Club Setting

P1070313.jpg

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QR コード

QR

ポチッとよろしく!





人気ブログランキング