芝刈り夢想 ~ボギーペースと道具を愛でる~

シャフトカット ~かなきり鋸~

以前、スチールシャフト用のシャフトカッターを購入して、一度だけ使用しました。


P1070862.jpg


58度のウェッジのシャフトカットを行ったのですが、0.25インチカットのつもりが
0.25インチ弱(実際には、0.125インチぐらい)しかカットできませんでした。

その時は、結果的にそれでも良かったのですが、
バランスを出すためにM62Rのグリップを使用しており、そのため下巻き2重にしていましたが
それでもグリップが細く感じ、何となく気になっていました。


P1070859.jpg


シャフトカッターの使い方は、
シャフトを回転刃とローラー部ではさんで、
このローラー部分で転がしながら全周性に食い込みを入れつつカットする
のですが、
カット部の長さが短いとシャフトが滑って、同じ部位でなかなか回転してくれないため、
どうしてもズレてしまいます。
それで前回は、予定より短いカットになってました。

今回はさらに短いカットになり、シャフトカッターはまず使えないので、
そこで、かなきり鋸を買ってきて試してみました。


P1070838.jpg


玄関先でシャフトに傷が付かないようにラバークッションを置いての作業となりました。


P1070840.jpg


滑らないようにとテープを巻いたりしてたのでシャフト先端が汚くなっていますが、
シャフト自体の汚れではありません(汗)。

短いカットだと長さ調節は、かなきり鋸の方がやはり出来ます。
ただし、結構疲れました。
日が暮れてからやったら、意外に音が響いて近所迷惑だったかも(汗)。

グリップに関しては、
ツアーベルベットラバー・ライトM60Rを使用しました。
シャフトカットして、グリップを軽量にすることで予想通りバランスはほぼ変わりませんでした。
M62R+下巻き2重よりは、M60Rの方が太くなり、良い感じになりました。






スポンサーサイト
  1. 2017/01/27(金) 01:00:46|
  2. ゴルフグッズ
  3. | コメント:0

グリップ交換用テープの違い

先週末(土曜日)にUTのグリップ交換をしました。
グリップ挿入途中でスタックして、腕に力を入れたので軽い筋肉痛があります。
昨日は、今年初のスキーに行ったのでその影響もあるかもしれません。


九州にはスキー場がないと思っている方もいるかもしれませんが、あるんです。
毎年スキーには行ってますが、昨日は久しぶりにチェーンを使いました。
九州のスキー場は、ノーマルタイヤで行けることが多いんです(爆)。
したがって人工雪をかなり使っていて、雪質はシャーベットであったり、ガリガリであったりなので、
こけると痛いです。
昔、北海道でスキーしたら、雪質もスキー場の規模も最高でした。



話は戻って、グリップ交換ですが
交換用のテープは3種類持っています。


両面テープ


左のバッファローのテープは、厚さ0.18mmで一番厚く、安いです。
中央のライトのテープは、厚さ0.15mmです。
右の日東電工のテープは、厚さ0.13mmで一番薄いです。

シャフトのバット径も考慮しつつ、テープは選んでしましたが、
ライトのテープが最も使いやすいです。

バッファローや日東電工のテープは、交換液をケチっているわけではないのですが、
新しいグリップの挿入途中でスタックすることが多いです。
今回もバッファローのテープを使っていて、
半分ぐらい入れたところでスタックして動かなくなり
無理に押し込んでも奥まで入るか不安だったので
やり直すことに決めて、何とか引き戻しました。

ライトのテープに換えて同じようにやると、何の抵抗もなくスルリと入りました。

日東電工のテープも入りにくいことがあります。
日東電工のテープは和紙系なので交換時に剥がしやすいとの記事を見た事もあります。
もしかしたら交換液の吸湿性が優れているのかもしれませんが、
少なくともグリップ挿入に関してはライトのテープが使いやすいです。


P1060655.jpg


使用している交換液もライトのものなので相性みたいなものもあるのでしょうか?

アイアンセットのグリップ交換をやる際には、
途中で1本でもスタックすると腕も痛くなるし、気力も萎えますので
挿入時のストレスフリーとなるライトのテープは魅力的です。

バッファローと日東電工のテープ残量はまだあるのですが、
今後はライトのテープに全面的に移行しようかなと思います。
ライトのテープは最長が10mのものしかないので、30mぐらいでもう少し安くしてくれるとよいのですが。





  1. 2017/01/23(月) 21:44:16|
  2. ゴルフグッズ
  3. | コメント:2

White ICE ix #5CS

1月12日に新しいパターが届いたと書きましたが、
そのパターのご紹介です。


P1070843.jpg


オデッセイ White ICE #5CS

<スペック> 
重量:547.0グラム、長さ:33インチ、バランス:D1.5


P1070844.jpg


エースパターのニューポート2.5に問題があるわけではありませんが、
道具に頼る私としては、いつも隣の芝は青く見えます(爆)。

実際に構えてみると、ヘッドが小ぶりです。
これまでにオデッセイの5番は多く購入しましたが、最も小さい部類かと思います。
打感もWhite Hotとは違い、柔らかさはそれ程でもありませんが硬過ぎず、
しっかりとしたフィーリングで好感が持てます。


P1070848.jpg


オデッセイのセンターシャフトは今回始めて使用します。
これまでセンターシャフトで購入したのは、
テーラーメイド ロッサ・モンザ・コルザ(写真右)

Legacy Putter


スコッティキャメロン Golo S5
があります。

Golo S5は実戦投入はしませんでしたが、ロッサ・モンザ・コルザは結構使い、
入っていたイメージがあります。
プロがオデッセイ #5CSを使用しているのを良く見るのと、
これまでの私の購入暦からわかるようにオデッセイの5番の形は好きなので、
#5CSで良いのがないかと2ヶ月前から物色していました。

現在発売中のWorksは、FUSION RXインサートの打感は悪くないのですが、
手入れや耐久性の問題があって購入意欲が湧きません。
またWhite Hot RXは、打感が柔らか過ぎるように感じるのと、見た目が安っぽくも感じます。

程度の良いものがありそうなもので、打感も柔らか過ぎず・硬過ぎず、
そして見た目・デザインも私好みのものとしてピックアップしたのが、
このWhite ICE ix と White Hot Tour ix でした。
どちらもソールデザインは似ていて、Black PVD仕上げです。

今回、オークションで長さも33インチで、シュリンク付き状態のものが出品されていたので
当初予算はオーバーしましたが落札しました。
エースパターの調子が悪くなったときには使用してみたいと思います。





  1. 2017/01/21(土) 14:51:57|
  2. パター
  3. | コメント:0

プロバイダを換えました!

Download Speedが遅くて、ISPを換えると決めていましたが、
So-netが速度測定に指定してきた精度が高そうなところでも測定してみました。


Radish.jpg


その結果、300kbpsというすばらしい数値でしたので考えに迷いはありませんでした。
ただし、次のISPも遅い可能性も考えて、全面変更ではなく、
割高にはなりますが両方を使えるように、"with フレッツ"にはしませんでした。

そして先程、設定をして切り替えて使用してみました。
まず、これまでのSo-netです。


so-net1.jpg


567Kbpsとこれまで通りの数値です。

次に、新たなISPとしてASAHI-NETを選択しました。


asahi2.jpg


69Mbps 
なんと100倍以上高速になりました。

ただちょっと問題があります。
接続の時に、いつも”エラー 651”という表示が出て繋がりません。
モデムの電源を落として、再度入れてから切り替える必要があります。
"with フレッツ"にしていないせいか、モデムとの相性が悪いようです。
これもNTTの策略でしょうか

どちらにせよ、速度低下の原因はISPであったことが判明しました。








  1. 2017/01/19(木) 23:39:32|
  2. 閑話
  3. | コメント:4

キャロウェイ GBB Epic (3)

日本でも正式に発表され、キャロウェイHPでスペックまで確認できるようになっています。
日本では名称が、GBB Epic Star, GBB Epic Sub Zeroになっています。
"Star"を付けた意味はなんでしょうかね


GBB Epic 5
<www.golfwrx.comより>


日本でも
「ボール初速が78.5m/s。これスゴイですね。トラックマン(弾道計測器)でこの数値は見たことがない」
という石川遼選手の記事がありました。

GolfWRXに話題の飛距離について出ていたのでご紹介です。
ほぼシングルハンディ(10.5~+2.1)の方、8名のテスターの方に自身のドライバーと比較したデータがありました。


GBB Epic 6
<www.golfwrx.comより>


トータルの飛距離が平均で+11.675y(0~+24.2y)と伸びています。
キャリーも平均で+9.837yのアップです。

気になりますね~
でも、懸念していた通りに重量が軽くなっています。
日本のキャロウェイHPでは、長さが45.75インチと長くなり、重量はオリジナルシャフト(S)で293グラムです。
グリップが約40グラムとなっていますので、ヘッドがだいぶ軽くなったので軽量グリップでバランスを出したんでしょう。

ヘッドに付ける重量ウェイトを可変にして、重量調整を出来るようにしてくれると
私的には使いやすいのですが、このままでは少し躊躇してしまいます。


<追記>
クラブ契約がフリーになっている池田勇太
今週のSMBCシンガポールオープンで
GBB Epic Sub Zeroを選んでいるという情報もあります。
契約外のプロが挙って選んでいるというのはやはり良いのでしょうか






  1. 2017/01/18(水) 11:16:42|
  2. ドライバー
  3. | コメント:0

Titleist GranZ

最近のラウンドでは、ボールはブリヂストン B330RXを使用してました。
ただ、寒くなってショートすることが多い気がしたので
前回のラウンドでは、タイトリスト グランゼを使用してみました。


P1070853.jpg


実は、このグランゼを初めて使ったのはベトナムでした。
その当時、ちょうど安く売られていたグランゼを買っていったのですが、
これが裏目に出ました。
飛びすぎで(一番手違うくらい)グリーンオーバーしたりで、スコアが悪かったです。


ベトナム-s


コースは風光明媚な感じだったんですが・・・

それで冬場のボールとして軟らかくて飛距離の出るボールとしてグランゼを思い出して、
使ってみました。
やはり寒くなると軟らかいボールが飛ぶのでいいですね。
この冬場で飛距離が落ちているときでも、
このグランゼを使うといつもの距離感で打ってちょうど良い感じでした。

それに人生で初めてカラーボールを使ってみましたが、
イエローは見つけやすいし、同伴者の方が皆さんホワイトだったので
自分のボールが離れたところから認識できて、クラブ選択がしやすかったです。

この冬はソフト・ディスタンス系のボールを試してみたいと思います。





  1. 2017/01/16(月) 21:26:38|
  2. ゴルフグッズ
  3. | コメント:0

Download Speedが遅すぎる!

ゴルフの話ではないのですが、
最近特にネットの速度が遅くなって動画もコマ送りの状態です。

回線はフレッツ光ネクスト、ISPはSo-netです。
BNRスピードテスト”とサイトでDownload Speedを測定したら、612kbpsでした。


BNRスピードテスト


これは先程測定したもので日曜日の18時半という時間帯ですが、
平日の夜は500kbpsぐらいでした。

いくらベストエフォート型と言えでも酷すぎると思って、NTT西日本にメールを出しました。
すると、原因として
①回線もしくは家庭内環境 
②ISP(プロバイダ)の2つが考えられる。
NTT側では回線遅延に繋がる異常は認めなかったので、
フレッツ速度測定サイト”で測定をしてみて欲しいとの解答でした。

この”フレッツ速度測定サイト”というのは、プロバイダの設備を経由せず、
NTTの通信拠点からパソコンまでの速度を直接測ることが出来るということで
測定した結果が以下の通りでした。


フレッツ速度測定


86Mbps 
同じ時間帯に測定した結果、実に140倍の速度の開きがありました。
原因は、ISP側にあるという結果になりました。

そこでSo-netにもメールしました。
すると一見親切な返答がありましたが、障害は見当たらないので
実効速度の測定やら、なんやらの確認などをして知らせて欲しいだの
その連絡を待って調査を行うだの書いてありました。

面倒くさいと思いつつ、ネットでいろいろと調べていると
Radish Network Speed Testing”というサイトがあって
いろいろな地域での回線状況が参考になりました。

私の住んでいる福岡では、ISPとしてSo-netは最悪でした。
ということでSo-netへのメールの返事はせずに、
ISPの乗換えを考える事にしました。

回線は、1Gbps対応なのに500kbpsはないですよね。
理想を追いかけているわけではありませんが、せめて20Mbpsぐらいは欲しいです。
以上、ネット環境の愚痴でした。








  1. 2017/01/15(日) 19:10:30|
  2. 閑話
  3. | コメント:2

福岡フェザントカントリークラブ 09JAN2017

この2ヶ月程、絶不調が続いていますがそれにもめげず、寒さにもめげずに
1月9日にも福岡フェザントカントリークラブでラウンドしてきました。

天気は雨のち曇りで、最初の2ホール程少し降られましたが、
その後は雨の心配もなくラウンドできました。
ただし、続いた雨で地面はグチョグチョでした。

INコースからのスタートでした。
10番ミドルホール、1Wでいきなりプッシュスライスで右に。
ボールもなくし、1ペナでしたが何とかボギーで凌ぎました。

気をとり直して、11番ロングホールは1WでFW右に。
しかし、落とし穴が・・・、4Wで右プッシュで林の中へのOB。 トリプルボギーでした。

12番右ドックのミドルホールは、4Wで綺麗なティーショットとしてパーセーブ。

ここで再度気をとり直して、13番打ち下ろしのミドルホール


P1070830.jpg


1Wで右プッシュになったものの斜面にあたり下まで落ちてきました。
そこからUTにてフック、左の池へ転がり落ちてしまいOB。 トリプルボギーとしました。
ここまでの4ホールで、3つもボールを失うという散々なスタートになりました。

14番、160yのショートホール


P1070831.jpg


6Iでショートしてしまいましたが、アプローチ・パットに救われ、パーセーブ。
続く15番ミドルはダボ、16番ショートはボギーとピリッとしない内容。

17番ミドルホール


P1070832.jpg


1Wを引っ掛けて左斜面へ。ここもダボとしてしまいました。
ただ最終18番ロングホールでは、
同じように1Wで左に引っ掛けたものの斜面に当たって出てくるラッキーもあり、
2打目の4Wが良い当たりをして、なんとかパーセーブ。

ティーショットは1W x 5回でFWキープしたのは1回のみ。 4W x 2回で2回ともFWキープでした。
前半は3つのボールを無くし、48の17PT。


後半、1番ミドルでは2打目が木に当たりましたがボギーで凌ぎました。

2番110yのショートでは、PWでショートしてアプローチミスもありボギー。

3番ロングホールは、狭く見えるため4Wで安全にいったはずが、右プッシュして竹林の中へ。
運よく竹に弾かれて出てきましたのでOBは免れましたが、ボギーとしました。

4番ミドルは、1WでFWキープできたもののアプローチミスもあり、ダボ。

5番トリッキーなミドルホールは、2打目でシャンクしてダボにしてしまいました。

6番打ち上げのミドルは、1Wで良い当たりでしたが右バンカーに入れてしまい、ボギー。

7番、397yの豪快な打ち下ろしのミドルホール


P1070833.jpg


1Wで理想的な弾道でFWキープ。 残り80yだったので、1Wで317y飛んだ
しかし、2打目を58度でトップして、奥のOBゾーンに入れるところでした。
ティーショットが良かっただけに悔やまれるボギーとしてしまいました。

8番、140yのショートホールは8Iでピン左3m。
惜しくもバーディならず、タップインでパーとしました。

最終9番右ドックのロングホールは、1Wで良い当たりでしたがわずかに右ラフ。
4Wも良かったのですが、3打目の8Iでミス。
パットも3PTとしてダボで上がりました。

後半、47の17PT。トータル95の34PTでした。


フェザント 170109


今回もパッとしないラウンドでしたが、
それでも少し明かりが見えた気がしました。

1Wのティーショットですが、苦手意識が先行して動きが小さくなり手打ちになっていました。
後半は、腰を回す事に注意してプレーしました。
その結果、1W x 5回で2回のFWキープ。
他の3回もFWをやや右に外した程度で、
自分的には後半ハーフを通して1Wがまともだった事がある意味驚きでした。

今回の1Wは、Legacy Black 440 / Tour AD MT-5でしたので
次回もこれで腰の回転に注意してトライしてみようかと思います。





  1. 2017/01/14(土) 01:05:09|
  2.   2017
  3. | コメント:0

Rory McIlroyのクラブセッティング

マキロイのクラブはナイキ契約でしたが、
ご存知の通りナイキがゴルフクラブ製造から撤退しましたので、
タイガー・ウッズとともに今後のクラブ選択が注目を集めています。

その中で、南アフリカオープンでのマキロイのクラブ記事がありましたので興味を持って見ました。


マキロイ1
<www.golfwrx.comより引用>


ドライバーには、先日ご紹介したキャロウェイのGBB Epic Sub Zero
シャフトは三菱レーヨンのKUROKAGEのようです。


マキロイ2
<www.golfwrx.comより引用>


アイアンは、キャロウェイ APEX MB。
ウェッジは、タイトリスト SM6がセットされています。


マキロイ3
<www.golfwrx.comより引用>


そして、パターにはオデッセイのNew Putter O-Works
ボールは、タイトリスト PRO V1xとなっています。

キャロウェイの新作を入れつつ、タイトリストで補完するようなセッティングを試しているのでしょうか。




  1. 2017/01/13(金) 10:29:16|
  2. その他
  3. | コメント:0

オデッセイ O-Works

US CallawayのHP流れで、オデッセイのPutterの情報をキャッチしました。


O-Works 1
<WWW.golfwrx.comより引用>


ソールデザインが、これまでとは違ってメカニカルな感じを出しているように思います。
そして、このNew Putterの特徴はフェイスインサートにあるようです。


O-Works 2
<WWW.golfwrx.comより引用>


"Microhinge" insert と記載されています。

これはサーモプラスティック・エラストマーと304ステンレススチールから作られたヒンジで出来ていて、
インパクトの時にヒンジが屈曲して、リバウンドすることでトップスピンを加えるようです。
ということは、順回転がよくなるということでしょうか。

ただ個人的には、そこまで購入意欲が湧きません。
現行モデルのオデッセイ Worksで使われているFUSION RX インサートでも
ネットでの書き込みでは、網のトラブルが言われていますし、耐久性の問題も指摘されています。
事実、オデッセイのHP上でも取り扱い注意のInformationが出ています。

こういったことを考えると、フェース面での突起物などは大丈夫かなというのが私の感想です。
なので、たぶん購入する事はないかなと思います。

それに実は、今日パターが届いたばかりです。
これについては、また次回にでも。






  1. 2017/01/12(木) 00:20:52|
  2. パター
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

芝刈り夢想

Author:芝刈り夢想

腰痛持ちの中年ゴルファー。
ラウンドや試打も思うように出来ず、日々芝刈りを夢想しています。

170cm, 64kg, HS 41~42m/s
Best Score 78
GDO HDCP 18 (Best 15)






ゴルフランキング

 ポチッとよろしく

来場者数

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
クラブセット (12)
ドライバー (36)
フェアウェイウッド (24)
ユーティリティ (6)
アイアン (13)
ウェッジ (12)
パター (29)
シャフト (33)
クラブについて (20)
ラウンド (87)
  2017 (43)
  2016 (41)
  2015 (3)
練習 (28)
ゴルフグッズ (39)
その他 (39)
閑話 (54)

最新コメント

月別アーカイブ

マイ・セッティング


Main-Club Setting

P1080806.jpg
Driver: Great Big Bertha
FW: X2 HOT PRO
Legacy Black 2013
UT: Titleist 915H
Iron: MIZUNO MP-54
Wedge: Titleist Vokey SM5
Putter: White ICE ix 5CS

Sub-Club Setting

P1070313.jpg

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QR コード

QR

ポチッとよろしく!





人気ブログランキング