芝刈り夢想 ~ボギーペースと道具を愛でる~

Tour AD 各モデルの特徴

私は、コストパーフォーマンスの良い日本シャフトが好きなのですが、
かつて使用して好印象なグラファイトデザインも好きです。

そのグラファイトデザインのTour ADですが、
非常に分かりやすく各モデルの特徴を示した図を見つけたのでご紹介します。
これは、私がリシャフトの時にお世話になっているTeeolive社のHPからです。


TourAD比較

<Teeolive社のHPより>


私には比較的合っているだろうと独断で推定している全体調子に近いのは、
この図からするとPTでしょうか。
手元調子に近いのは、DI or BBですかね。
DIは先端剛性が高く、BBは中間剛性が高いという感じですね。
以前使用して好印象だったTour AD W-60は記載されていません。
今回、グラファイトデザインのHPからも消えていますので
もう製造中止なのでしょうね。

現在使用しているキャロウェイ Legacy Black FWのシャフトは結構合っているようなのですが、
Tour AD DI-6Csとなっています。
これは、「DIの中間剛性を調整して扱いやすくした」とカタログに記載されているのですが、
中間剛性を下げたのですかね?個人的にはしなりが先中~中にあるように感じます。
特にFWシャフトはチップカットをされていると思いますので、感じ方も変わる気はしますが。

ちなみに、グラファイトデザイン社のHPには各モデルの特徴を下記のように記載してあります。

「DI」:しなり感を出し、先端剛性を高めたシャフト 芯のある深く厚いインパクト
「DJ」:先端高剛性をやや残しつつ、弾き感を強めたシャフト 強い弾き感
「BB」:先端部から中間部までの剛性を上げ、たわみを抑えたシャフト 操作性重視
「GT」:全体の剛性を上げ、弾きと操作性を兼ね備えたシャフト 安定性と弾きの両立
「MT」:中間部の剛性を上げ、手元部は抑え目なシャフト スイングと一体
「MJ」:中間部の剛性を保ち、手元剛性を上げたシャフト 弾きがある中で静かに動くシャフト
「GP」:先端から中間部の剛性を上げ、グリップ下のしなりを感じるシャフト パワーがダイレクトにボールに伝わり、初速 UP

なかなか自分に合うシャフト選びはむずかしいですよね




スポンサーサイト
  1. 2015/10/06(火) 18:48:03|
  2. シャフト
  3. | コメント:0
<<オデッセイ WhiteHot Pro #5 | ホーム | 日本女子オープンゴルフ選手権>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

芝刈り夢想

Author:芝刈り夢想

腰痛持ちの中年ゴルファー。
ラウンドや試打も思うように出来ず、日々芝刈りを夢想しています。

170cm, 64kg, HS 41~42m/s
Best Score 78
GDO HDCP 20 (Best 15)




ゴルフランキング

 ポチッとよろしく

来場者数

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

未分類 (2)
クラブセット (9)
ドライバー (33)
フェアウェイウッド (19)
ユーティリティ (5)
アイアン (12)
ウェッジ (11)
パター (24)
シャフト (33)
クラブについて (20)
ラウンド (66)
練習 (23)
ゴルフグッズ (31)
その他 (37)
閑話 (32)

最新コメント

月別アーカイブ

マイ・セッティング


Main-Club Setting

P1070311.jpg
Driver: Great Big Bertha
FW: X2 HOT PRO
Legacy Black 2013
UT: Titleist 915H
Iron: MIZUNO MP-54
Wedge: MIZUNO MP-R4
Putter: S.Cameron NP 2.5

Sub-Club Setting

P1070313.jpg

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QR コード

QR